HSCママの子育て奮闘記。

HSC(ひといちばい敏感な子)の長女、マイペースな次女との日常と、日々思うこと。

育児ノイローゼ歴6年の私が読んで、心がふっと軽くなった本

前回は、長女が人懐っこすぎる悩みについて書きました。

コメントやスターをつけてくださって、ありがとうございました!!

文字にすることで、自分のもやもやとした気持ちを整理できて、

その後、必要以上にクヨクヨすることは無くなりました!!

ブログを読んでくださる皆様に助けられています。

ありがとうございます!!

 

図書館で、

ソーシャルスキルレーニング』

(社会で集団とかかわるとき、必要となるスキルを身につけること)

関係の本を片っ端から借りました。

すごく参考になり、さっそく実践しています!!

ですが、一番今のわたしの心にぐっと来た本は、

ソーシャルスキル云々とは無関係の、こちら。

『がんばらない子育て』

ママも子どももハッピーになる!  がんばらない子育て

子育てが始まってから、もうすぐ6年。

わたしは、何故かほぼずっと、ノイローゼ状態です。

子どものことが心配で、自分の思う『いいお母さん』になれない自分も許せなくて…

そんな私に、「頑張りすぎなくていいよ」と声をかけてくださった方はたくさんいらっしゃいました。とてもありがたいことです。

けれど、実は、その言葉が腑に落ちていませんでした。

この本は、臨床心理士さんで、かつ、二人の子育てを終えた、高見知日子さんという方が書いています。

そのうち一人は、とても育てにくい子だったとのこと。

高見さんは悩みながら子育てをしてきて、子どもが巣立ち、また、他の多くの親子のカウンセリングに携わった経験から、

「あれこれ心配しなくても、子どもには育つ力が備わっていたんだ」

「子どもを信じて見守ればよかったんだ」

気づいたそうです。

なんだかハッとさせられました。

 

ていねいに、「お母さんは頑張らなくていい。自分をほめてあげて」という

巷でよく言われていることを、ていねいにていねいに伝えてくれる本です。

心の底にストン、と入ってきました。

読みながら涙がじわーーーっと出てきて、

読み終えた時には、心がふっと軽くなっていました。

心にスッと入ってくるので、一時間ほどで読み終えました。

育児に悩めるお母さんに、本当におすすめです。