HSCママの子育て奮闘記。

HSC(ひといちばい敏感な子)の長女、マイペースな次女との日常と、日々思うこと。

年長&年少姉妹 家でどう過ごす?

こんにちは、あんみつです。

 

世の中大変なことになっていますね。

全国の小・中・高校が休校になり

親御さん、子どもたち、不安が広がっていますね。

以下があんみつ家の状況です。

 

 

 

 

 

 

  • 幼稚園の対応は?

うちの子どもたちの通う幼稚園は、しばらくの間「自由登園」になりました。

 

(今後、流行次第では、休園となる可能性もあるそうです><)

 

  • 卒園式は?

卒園式は、今のところ、規模を縮小して行う予定とのこと。

・来賓なし

・年長以外の学年の園児の参加なし

・卒園児の兄弟姉妹も参加NG

・祖父母NG

兄弟姉妹の預け先がない人は大変ですよね・・・

また、卒園式後の謝恩会も中止になりました。

 

  • 入学予定の小学校の対応は?

学童の説明会が中止になりました。

説明会でお話しする予定だった色々なことは、

手紙にまとめられて郵送されてきました。

 

  • 習い事は?

体操教室のレッスンは当面中止です。

また、春休みに行かせる予定だった、短期のスイミングスクールも

中止になりました(払い戻しはされる)

 

  • 休み中の家での過ごし方 

 

長い休み期間、家での過ごし方に頭を悩ませる親御さん多いと思います。

 

我が家はちょうど先日たまたま、ベネッセの

チャレンジ小学生講座・新一年生向け

タブレット学習を始めたところだったんです。

これが・・・とっても役立っています!!(´;ω;`)

 

「チャレンジタッチ」は

ゲーム感覚で遊びながらお勉強もできて、

DVDやyoutubeを見せっぱなしにすることがなくなり

良い暇つぶしになっています。

 

30分経てば、目を休めるようキャラクターが促してくれるので安心。

 

書き順など逐一キャラクターがアドバイスしてくれるので

6歳(年長)でも、一人でサクサク進められます。

 

タブレットでは、書く力がつかないんじゃ?

半信半疑だったのですが、

リッカは、これを始めてから、ひらがながどんどん上手になっていますー!

 


教材が届いたばかりの頃(10日ほど前)↓
f:id:hscmama:20200301205706j:image 

 

今日書いたのがこちら↓
f:id:hscmama:20200301205725j:image

字のバランスがよくなっています!

 

次女のちゃこりんにも新年中さん向けの「こどもちゃれんじ」申し込んでいるので

届くのが楽しみです(*^^)v

 

公文式、学研などの塾に比べて安い(2980円/月)※!という

わりと適当な動機で始めたのですが、

この外出しづらい状況にはピッタリのアイテムになりました。

※年一括払の場合。

 

今ならキャンペーンで、

新一年生は一か月のみの受講でも大丈夫なんです。

 

退会してもタブレットの返却は不要なんですって!

ベネッセ太っ腹~。

一か月のみでいいならと思って入会しましたが

リッカがチャレンジタッチを激しく気に入ったため

多分、継続することになっちゃいそうです~(;^_^A

 

この春、家で暇を持て余してしまいそうな小学生に

いいんじゃないかな~と思います。

 

 

なにはともあれ、早く日常にもどって

元気に登園、登校できる日が早く訪れますように!

子育て中のパパママ、共に頑張りましょう!!

 

 

 

 

コリコリと言いたかったらしい。

あっという間に一月も終盤になってしまいましたが、

皆様あけましておめでとうございます。

 

最近の次女の様子です。

 


f:id:hscmama:20200121213808j:image

初めてクルミ入りの食パンをあげたところ、気に入った様子。

 

 

クルミの食感が気になったようで
f:id:hscmama:20200121213847j:image

相変わらず、言葉のチョイスが独特な次女でした。

 

 

 

行ってみたい国

こんにちは。あんみつです。

 

イラスト付き育児日記を目指していたこのブログですが、

ペン(100均)の調子が悪くなり、

ここ最近は文字のみになってしまっています(;^_^A

 

子どものころからお絵かきは好きだったのですが、

デジタル絵にいまだに馴染めず・・・。

何か使いやすいペン(道具、アプリ等)ないかなー?

と、模索中です。

 

今日は、忘れないうちに姉妹の会話書き留めです。

 

 

************************

 

 

 

パパが職場の方から、ドイツ旅行のお土産を頂いてきました。

 

 

 

私:いいな~!ドイツ楽しそう~!!

いつか行ってみたいな~!

 

 

 

 

長女:リッカはアメリに行きたい!

 

 

 

 

次女:ちゃこはジョイフルに行きたい!

※ファミレスです

 

 

 

ヽ(・ω・)/ズコー!!!

 

 

 

理由は、コーンが入ったキッズうどんがあるから、だそうです!

欲がなくていいですね 笑

 

 

九州も寒くなってきました。

皆さま風邪に気を付けて冬を乗り切りましょう~!!

大好きなひいおばあちゃんの死、敏感長女の反応は・・・(2)

前回の続きです。

 

hscmama.hatenablog.com

 

思いがけず、棺の中の祖母の顔を見てしまった長女。

ショックを受けて怖がって、その日はなかなか眠れませんでした。

 

お通夜、お葬式でどのようなことが行われるか

棺とははどういうものなのか、

お経とはいったい何なのか、

子どもにとっては分からないことだらけです。

 

忙しかったとはいえ、

事前に丁寧に教えてあげなかったことを、

深く深く反省しました・・・

 

翌日、葬儀が午後からだったため

午前中のみ、子どもたちを登園させました。

その間も大人はバタバタです。

 

葬儀が無事終わり、長女が言いました。

 

「かなしかったね・・・。」

「・・・でも、今日ようちえんで、ひなちゃん(仮名)が言ってたよ。」

「しんだら、お空で、お星さまやお月様になるから、また会えるって!」

「だからまた会えるから、リッカかなしくないよ^^」

 

私は気が張り詰めて、涙が出ずにいましたが

リッカのこの言葉で思わず泣いてしまいました。

 

”お星さまになってまた会えるから、悲しくないよ”

純粋な優しい言葉に、私が慰められて・・・

 

幼いながらに、お友達同士で悲しい出来事を共有して

慰められてるんだ・・・。

入園した時にはまだ小さかったわが子も、

幼稚園のお友達も、

もうそんなにも成長してたんだ・・・。

 

 

それから、たまに夜外出すると、

お空にお月様やお星さまが見えるか

必ずチェックする長女と次女です。

 

星が見えると、

「ママ!お星さまがみえるよ、あれおばあちゃんじゃない!?」

と、満面の笑みではしゃいで言います。

 

棺を覗いてショックを受けた時には、

敏感な長女はどうなることかと不安でしたが

乗り越える力を持っているんだなと思いました。

 

祖母の私への最後の言葉、

 

「子どもたちをしっかり育てていってね・・・」

 

守っていこうと思いました。

 

 

 

 

大好きなひいおばあちゃんの死、敏感長女の反応は・・・(1)

こんにちは!あんみつです。

 

先日、私の祖母が、闘病の末、亡くなりました。

子どもたちにとっては、ひいおばあちゃんです。

 

近くに住んでいるので、

子どもたちもよく懐いていました・・・

 

 

入院した時、子どもたちとお見舞いに行きました。

その時は、痩せてはいたものの、普段通りに話せていました。

 

しかし、そのわずか数週間後、

病院から、「あと数日です」と言われました。

 

再び、子どもたちを連れてお見舞いに行きました。

 

前回のお見舞いの時よりもさらに痩せ、

酸素マスクをつけて苦しそうに息をする祖母、

長女は心配そうにみつめていました。

次女は、最初戸惑っていましたが、

おばあちゃんと叔母に会えてはしゃいでいました。

 

祖母は、会話も難しいくらいの体調なのに、

震える手で財布からお金を出し

いつものように、お小遣いを渡そうとしました。

 

私「ばあちゃん、ありがとう、でも大丈夫だよ。」

長女「大丈夫。」

 

それでも、頑なに渡そうとする祖母。

 

叔母「ばあちゃん、もらってほしいって。もらってあげて。」

私「・・・そっか、わかった。ばあちゃんありがとう、大事に使うからね。」

 

その時・・・

長女は、静かに泣き出していました。

 

落ち着かせるため、待合室に連れて行くと

長女「おこづかいなんていらない!いらないっていったのに!」

と大泣きしてしまいました。

私はビックリしました。

いつもは喜んでお小遣いを受け取っていたのに、

こんなに泣いて嫌がるのが意外で。

 

長女、お小遣いなんてもらってる場合じゃないと言いたいようでした。

おばあちゃんの命が長くないと察しているようでした。

 

 なんとか、時間をかけて説得し、

もう一度病室に戻り、

笑顔でおばあちゃんとバイバイすることができました。

 

これが、長女にとって、おばあちゃんとの最後の時間になりました。

 

 

祖母が亡くなったという知らせを受けて、長女に

「おばあちゃんが亡くなったから、天国に行けるようにお祈りしようね。」

長女は「そっかぁ。わかった!」と、

実感がわいていないようでした。

(余談ですが、「死」の概念がわかるようになる年齢は

8歳ごろから という話を、昔聞いたことがあります。

長女はまだ6歳ですから、ピンと来ないのも当然です。)

 

私は、長女に「死」というものをどう伝えるか

答えが出ないまま、バタバタと斎場へ行きました。

 

斎場についてからは、すぐにお通夜が始まり、

終わってからも、

お皿や飲み物を用意したり、

数十年ぶりに会う親せきと会話したり

次女の世話をしたり、

 

とにかくバタバタしていました。

 

ふと、長女を探すと、なんと、

親せきと一緒に棺の窓をのぞいていました。

しまった!!

 私のフォローなしに・・・

 

 長女は私のところに戻ってきて言いました。

 

長女「ねぇママ・・・おばあちゃんまだ生きてるの?」

私「ううん、死んじゃったんだよ。」

長女「でも・・・お口があいてたよ・・・?」

私「うん・・・」

長女「もう生き返らないの?」

私「そうだよ・・・」

長女「なんで・・・見たくなかったよぅ。怖いよう、怖いよう・・・あの箱におばあちゃんが入ってるって知らなかったよう・・・・」

私「ごめんね・・・」

※お通夜のときに教えたのですが、分かっていなかったようです・・・

 

その夜、帰宅してから、布団の中でもなかなか寝付けず、

長女「ちゃこりんはいいなぁ、

死んじゃったってことがまだわからないから・・・

リッカ、もうわかるから、こわいよう・・・」

と何度も言っていました。

 

つづきます。

ちゃこりんのドキドキ三歳半検診(2)

こんにちは。あんみつです。

前回の続きです! 

hscmama.hatenablog.com

 

検診当日。

3年前の、長女の時の検診を思い出しながら、

行きの車の中で、軽く受け答えの練習をしてみました。

 

母「今日は誰と来ましたか?」

ちゃこ「ママときたです!」(キリッ)

 

母「どうやって来ましたか?」

ちゃこ「くるまできたです!」(キリリッ)

 

タラちゃん!?(笑)

内心おかしかったけど、

「よくできました~!!バッチリだね!!」と褒めました(#^.^#)

 

心の準備バッチリになったところで会場に到着。

当日の流れは

 という感じでした。

 

  • 問診票、検尿提出

持ってきた問診票と、検尿を提出しました。

受付のお姉さんに「こんにちは!」と言われても、

完全に無視(おいおい 汗)

普段は挨拶が得意で、褒められることも多いんだけどなぁ。

今日は緊張しているようです。

先が思いやられるなー。

 

そんな中、

「おねがいします!」と元気な声で、

自分で問診票を提出している子がいて

度肝を抜かれました!!!

めっちゃしっかりしてるーーーー!!!( ゚Д゚)

ほんとに同じ三歳半!?

 

  • 目の屈折検査

視力検査は家でしてきたのですが、

ここでの検査は、視力検査ではわからない斜視などがないかを見るための検査だそうです。

長女の時はなかったので、新しい検査なのかもしれません。

スコープのようなものをちょっと離れたところから見る検査ですが、

スコープからは、小鳥のさえずり?のような謎のピヨピヨ音がしていて、中がチカチカ点滅していました。

そのピヨピヨ音とチカチカ点滅が気になるみたいで、

ちゃこりんはじっと見つめてました。

(私もなぜか見つめてしまいました)

特に嫌がることなく無事終了!

子どもが食いつく刺激を考えたんでしょうね~。

発明した人すごいなぁ!

 

  • 問診

保健師の人に呼ばれて机といすの置いてある別室へ。

親が椅子に座り、膝に子どもを乗せて、保健師さんと机を挟んで向かい合います。

 

保健師さん:お名前はなんですか?

ちゃこ: ●●ちゃこです・・・(超小声)

保健師さん:ちゃこちゃんは、何歳ですか?

ちゃこ: さんさいです・・・(超小声)

 

蚊の鳴くような声だけど言えました!

(さっきの車の中での練習とえらい違いだ・・・)

見てるほうが緊張するー!!(◎_◎;)

 

保健師さん:じゃあ、お絵かき遊びしようか!

これかけるかな~?

(鉛筆で大きめの丸を描く)

 

とじている〇を描けるかチェックしてる様子でした。

これはちゃこりんクリアー。

 

保健師さん:じゃあ、これはどうかなー?

次は「十」のマークです。

 

(母:げっやばい・・・やったことない 汗)

 

ちゃこりん: ・・・・・(かきかき)できた!


f:id:hscmama:20191110140056j:image

!?

難しく考えすぎて謎の図になってる!

保健師さん:うーん・・・^^;

 

保健師さんも悩んでる・・・w

 

ちゃこりん:ここ、つながってないよねぇ?

保健師さん:そうだね~!じゃあつなげて描いてみようか?

ちゃこりん:うん! (すらすら~)

 

描けました(;^_^A

 

最初のあれは何だったのか・・・(笑)

 

そのほかに、

 

・紙に書かれた二つの〇のどちらが大きいか答える

・赤、青、黄、緑の紙を渡され、その色を答える

 

チェックがありました。

 

色は全部答えられたちゃこりんですが、

大きいほうの丸を指さす問題では、一回間違えちゃってました。

 

つの丸の大きさの違いが、そんなに極端じゃなかったから

よく見ないと間違えそうな感じではありました。

うーん。

 

保健師さん:おうちでの聴力検査は・・・「ねこ」だけ×になってますね。でも、一問くらいの間違いは大丈夫ですよ。

お名前もフルネームで言えてるし、色もわかってるし、OKですね!お母さん、特に何か困ってることはないですか?

 

母:(いろいろ間違ってたけどあれで大丈夫なんだ。ホッ・・・)

そうですね~・・・特にないです。

 

保健師さん:では問診は終わりますね~^^

 

 

長女の時は、今日どうやって来ましたか?とも聞かれた気がします。

長女の時に苦戦した、積み木の課題も今回はなしでした。

 

自分の子が試されているような気持ちになって、

ハラハラしました(汗)

 

 

  • 身体測定

パンツ一枚になって体重、身長を測ります。

ちゃこりんは恥ずかしいという気持ちがまだ芽生えてないので

すんなりパンツ一枚になってましたが、

他の男の子が

「はずかしいよー!はずかしいよー!///」と騒いでました。

もう恥ずかしいって思う子がいるんだなぁ。と感心したその時、

ちゃこりんも

「はずかしいよー!(くねくね)」

と、すかさず真似していました。笑

ちゃこりんの後の男の子は、

「ぜったい脱がない!!!」

パンツ一枚になることを断固拒否し、服のまま測定していました。

後で友達に聞いてみたところ、服を脱ぐのを嫌がったっていう子、多いみたいです。

三歳になると意思が強くなって大変だー。

 

  • 内科検診

普段の小児科での診察のように、お医者さんが聴診器を当てたり

喉の奥を見たりします。

木のへらでベロをおさえられるのが大嫌いなちゃこりんは

ここにきて口を開けることを激しく拒否!!

先生の方を向けて座らせようとしても、アクロバティックな体勢で拒否!!!!

先生がちょっと不機嫌そうなおじいちゃん先生で焦り。。

結局看護師さんと私で頭を押さえて、何とか事なきを得ました。

ギャンギャン泣く中、先生が何か言ってたけど

(問題ないです、みたいなこと)

泣き声でほとんど聞こえず。

最後に先生が

「なんか困ってることない?苦笑」

あきれたような顔で聞いてきて

ちょっとチクリときました( ノД`)

 

  • 歯科検診

内科検診で喉の奥を見られてギャン泣きし、周囲の視線を集めるちゃこりん。

長女と次女合わせて、今まで10回近く子どもの検診を経験したけど、

いまだに、こういう場面になるとやっぱりわたしは動揺してしまいます。

まだまだですね~

わーわー泣くちゃこりんを必死でなだめ、

落ち着いたところでちょうど歯科検診に呼ばれました。

また泣くかなぁ~と思いましたが、

歯科検診は事前に言い聞かせていたこともあり、泣かずに受けられました!

えらい!えらいよ!

虫歯はないけど、歯石が少しついてて、歯肉炎になってるとのこと。

ショボン。

歯磨きを嫌がって、なかなか丁寧に磨けないんだよなぁ。。

がんばろ。。

  • 栄養士との話

ちゃこりん、お肉を食べないので、それを相談してみました。

一緒にハンバーグを作ってみたりとか、お料理のお手伝いをさせてみたらどうですか?とアドバイスされました。

うぅ・・・。

そういう丁寧な子育てから遠ざかっていたなぁ・・・。

ガンバリマス。。

 

ちゃこりんをおもちゃで遊ばせながら、

今日の尿検査の結果が異常なしということ、

今後、就学前検診まで検診はないことを伝えられました。

尿検査の結果出るの、早くてびっくり!

異常なくて何より。

 

これで、ちゃこりんの三歳児健診は無事終了しました☆

所要時間は受付から2時間くらいの予定でしたが、

受付開始30分前に行ったからか、1時間ちょっとで終わりました。

 

帰りに、ちゃこりんの大好きなドーナツをご褒美に買って帰りました😋

でも、甘いものに癒やしを求めていたのは私の方です。。笑

保健師さんとの問診の時にハラハラしながら見守ったり、

内科検診の時に、アクロバティックに暴れるちゃこりんを取り押さえていたせいか、

背中が凝り固まってしまいました…

グッタリ。

でも、無事に終わってよかったです!

 

 

長い記事にお付き合いくださりありがとうございました!

これから三歳児健診を受けられる方のお役に立てれば幸いです☆

 

 

 

 

 

 

ちゃこりんのドキドキ三歳半検診(1)

こんにちは!あんみつです。

先日、次女 ちゃこりんの三歳児検診に行ってきました。

 

検診の1か月ほど前に、自治体より検診の案内の封筒が届きました。

いつまでも赤ちゃんだと思ってたちゃこりんも、

もうそんな時期か~としみじみ。

 

封筒の中には、

聴覚検査と視力検査に使うカード等が入っていました。

自宅で実施して、結果を記入していけば、

検診当日、時間がかからなくてよいとのこと。

 

 ふむふむ。

 

視力検査の方法:

「片目をガーゼ等で覆ってテープで固定し、2.5メートル離れたところで「C」のマークが書かれた紙を見せ、どの方向が開いてるか指をさして答えてもらいます」

えー、ちゃこりんわかるかなぁ。。(;´Д`)不安。

メジャーでいそいそと2.5mを測り、早速挑戦!

 

すると!

ママの、ちょっと必死な気持ちを察したのか、

逃げ回るちゃこりん。。

「イヤダ!!イヤダ!!!」

まあ・・・

いきなり、目に何か貼り付けられるなんて

誰でもいやだよねー(~_~;)

 

そこで咄嗟に

「じゃあ、このかわいいテープでガーゼ貼ろっか~」

家にあったハート柄のマスキングテープを持ってきてみたら、

「うん♡」とすんなりオッケーしてくれましたw

切り替え早っ。。。助かるけど。

 

マスキングテープは、

顔から剥がすときの痛みも少なそうでよかったです(^▽^)/

 

 

それにしても、

「C」マークのどこが開いてるか を答えるのって

3歳には難しい気がする…(

うちの子だけかもしれないけど(;^_^A)

ちゃこりんは何度か、反対の方向を指さすときがありました。

説明の意味が分かってないのか、

本当に見えてないのか、迷いました。

何度かやっていたら、コツを理解したのか

正しく検査できたので一安心。

 

 

聴覚検査は、いす や ねこ などの絵がいくつか描いてある紙を見せ、

向かい側に座った親が自分の口を隠した状態で、ひそひそ声

物の名前を言い、その絵を指させるかチェックするものでした。

 

母「じゃ、ちゃこりんいくよー。」

母「ねこ」(ひそひそ声)

ちゃこ「えっ?はこ??」

母「もっかい言うよー。ねこ」

ちゃこ「はこ??」

母「ねこ」

ちゃこ「ねこ?」

母「そうそう!ぴんぽーん」

 

と、ここで気づきました・・・

やり方が書いてある紙をよく見てみると、

「言い直しはしないでください」

ガーン!!

 

よく見てからやらなきゃね。。

 

めっちゃ言い直しちゃった。。

とりあえず「ねこ」は×と記入・・・

 

他の単語は大体一度で正解。

 

聴力、大丈夫なのかなぁー??

普段接していて、聞こえが悪い様子は感じないけれど、

改めてこうして検査すると、なんとなく不安になっちゃいました。

 

 長いので、検診当日の様子は

次回書きたいと思います★

お付き合いくださりありがとうございました!!