HSCママの子育て奮闘記。

HSC(ひといちばい敏感な子)の長女、マイペースな次女との日常と、日々思うこと。

幼稚園の参観日。「来たのがママでよかった!」その理由

こんばんは!あんみつです。

ほぼ毎日続けていたブログですが、

夫婦げんかで精神も肉体も疲れ果てて、少しお休みしていました…

が、その後主人が全力で謝ってくれたのと、友達と会ったり、買い物をしたりして、ようやく浮上してきました!!

全く性格の違う、赤の他人だった二人が、結婚生活を続けていくっていうのは、並大抵のことじゃないですね~。つくづく。

 

今日は久し振りにイラストつきで、昨日の長女の幼稚園の参観のことを書こうとおもいます(*^_^*)

 

昨日の参観は、親子で工作をするというものでした。

パパは工作のセンスがイマイチなのと、次女がいては妨害されて工作どころじゃなくなるので、次女とパパは家でお留守番!

 

紙皿を切って、飾り付けをして、それぞれ好きなデザインの帽子を作るという

完全に親のセンスが試されるちょっと面倒なイベントでした。


f:id:hscmama:20190217235518j:image

私達親子は、長女の希望でウサミミ帽子にしました。それだけじゃ寂しいので、私が適当に紙でリボンを作ってつけてあげると長女大喜び!!

帰り道もずっと作った帽子をかぶってました。

「かわいい!!今日、パパじゃなくてママが来てくれてよかった!!(*´∀`*)」

嬉しい事言うじゃないかオイ(涙)

私「何でパパじゃダメなの?」

長女「だって、」

 

f:id:hscmama:20190218121139j:plain

ママ=女の子→かわいいもの作れる。

パパ=男の子→かっこいいもの作れる。

パパ下げ発言かと思いきや、単なる対比でした

 

「パパはへただから」

「パパはセンス無いから」とかそういう答えを一瞬期待した私の大バカ…(つд`)

 

長女ってまだ人の悪口言わないんですよね。

ネガティブな言葉が、頭の中の辞書にないっていうか。

私は子どもの頃からハイパーミラクルネガティブ人間だったのに、誰に似たのか。

この純粋さはいつまでなのかなー。

変わって欲しくないです。